08

憲法記念日?ゴミの日?

5月3日、憲法記念日。右翼思想を持つ方々の一部はこの日のことを「ゴミの日」と呼んでいるようです。

5月3日に現行憲法(以下、昭和憲法)が施行されたため、憲法記念日とされているようですが、わが国において、はじめて「憲法」が公布されたのは明治23年の11月29日です。
昭和憲法は、明治憲法で定める改憲の手続きにのっとって公布、施行されました。そのため、正しくは「改憲記念日」とするのが正確で、そうしなければ、将来的に何らかの改憲が行われた場合、施行の日を「憲法記念日」としなければ筋が通らないでしょう。
改憲のたびにその日が旗日となり、仕事が休みになるのは、勤め人としては喜ばしいことではあるのですが、記念日がコロコロと変わるのも困ります。5月3日を、改憲記念日などと名称を変え、11月29日を憲法記念日としていただきたいのだが、政治家の皆さんはいかがでしょう。ぜひとも、国民の休日を増やしていただきたい。

それはさておき、5月3日が「憲法記念日」なのは明治憲法(いわゆる大日本帝国憲法)が無かったことにされているのでは?と勘ぐってしまいます。
明治憲法を毛嫌いする人が多いようですが、明治憲法もまた「自由民権運動」という、先人の努力の結果、勝ち取ったものですので、嫌いでよいのですから、そこも少し思い出して欲しいものです。中学生の教科書にのっているくらいのことですので、大体の人は知っていますよね。

よく、現行憲法否定論者の方々が、「明治憲法を復活させた後、現状に即した憲法にすれば良い」という主張をされていますね。現行憲法を否定される方々の多くは、いわゆる「右巻き」の方々だと思います。
「右巻き」の方々が現行憲法を否定するのは、不敬なのではないかな、と私は考えています。
前述の通り、(占領下という、そうせざるを得なかった状況とはいえ)明治憲法の改憲の手続きを経て、昭和憲法が公布・施行されているため、先の天皇陛下の御名御璽もされているのです。「右巻き」の方々こそ、昭和憲法が現行憲法であることを、怒りつつも否定をしてはいけないのではないかと。
まあ、これは単に、昭和憲法を無効としたうえで自主憲法を制定するか、昭和憲法を改憲して、それを自主憲法とするかの違いですよね。
正当な手続きを踏んで、国体が明徴にされた自主憲法が制定されるのは喜ばしいことだと私は考えています。

現行憲法はそれなりに民主的なものであるとは思いますが、結局それは「与えられたもの」です。少なくとも手続き上は、昭和憲法は欽定憲法ですよ。8月革命説などあれこれを持ち出すと、面倒なことと、本職の方が見ていらしたら不勉強がばれるのでこのあたりにしておきましょう。
私が何を言いたいのかというと、「手続き上は欽定憲法だが、主権者は国民であり実質民定憲法といえる」なんていう気持ち悪い状況はもう終わりにしていいのではないでしょうか。
改憲の是非で議論がわかれるのは大いに結構、改憲案に対して否定・肯定の意見があるのも大いに結構。
決まったことが自分たちの考えに沿わなければ、その決定に対して抗議をするのも結構。

良くも悪くも、わが国は自由だ。